僕の前に道はない。

なまけてたっていいじゃない。

ただの戯言である。

幸せとは義務を果たした先にある結果である。

 

幸せは決して目標ではないし、目標であってもならない。

それは、結果である。

義務を果たしたことによって、思いがけず手に入るものにすぎない。

決して追い求められないものなので、幸せを得ようとすれば、いつも失敗することになる。

 

 

それでも人生にイエスと言う』という本を紹介した『TOP POINT』という雑誌からの引用である。

本は読んでないのだが、「ああ、素晴らしいなあ」と感銘を受けたので手帳に書き写してある。

 

 f:id:kjux3r7335:20170819162355j:image

 

人は誰でも幸せになりたいと思うと思う。

竹内まりやも「幸せ〜に〜な〜りたい〜」って歌ってるじゃないか。

でも幸せを追い求めちゃ駄目なのだ。

幸せとは、義務を果たしていった先にある「結果」なのだ。

 

結婚とか出産とかあるけれど、仮にそれを一つの「幸せ」とするのならそこに辿り着くまでに義務を果たしていかないといけない。

つまり、男目線で言えば「仕事ちゃんと頑張れや」ってことなのだ。

 

勤労の義務と納税の義務と教育の義務が日本人にはある。

 

 

いい女を捕まえるという幸福

 

健全な男子なら「いい女と付き合いたい」と考えるだろう。

ここでは「いい女」と表現するが「かわいい女の子」とか「きれいな女の子」とかも含める。

要は視覚的にも性格的にも自分が満足する女の子ということだ。

 

いい女を得るためには自信のある男にならないといけない。

うわべだけの優しさや口のうまさでは乗り越えられない壁があるのが「いい女」だ。

 

自信のある男になるには「実績」が必要である。

「俺は結果を出してきた」という自負が自信になるのだ。

そう。

そこでもつまりは結局「仕事ちゃんと頑張れや」って話になるのである。

 

 

仕事を頑張って女も金も承認も得よう

 

仕事で結果を出せば周囲からの承認も得られる。

自信を得られる。

女にも認められる。

上司にも認められていけば昇格して金も手に入るだろう。

 

つまり「仕事を頑張る」というのは最強のソリューションなのである。

そこに幸せはついてくるのである。

 

いい女が欲しいと思ったら、目の前の仕事を頑張ろう。

結婚できるだけの経済力をつけたいと思ったら、目の前の仕事を頑張ろう。

周囲から認められる人気者になりたいと思ったら、目の前の仕事を頑張ろう。

 

結果こそが全てなのである。

そしてそこに幸せはついてくるのである。

 

※ただし会社の奴隷になってはダメだと思っている。

 

ほぼ日手帳2018ラインナップ発表。僕は昔のヌメ革カバーを使う。

 

ほぼ日手帳の2018年のラインナップが発表されたということで。

 

www.1101.com

 

新しい手帳を買うのってわくわくしますよねー。

発売日は毎年9/1なので買えるのはもう少し先ですが。

いやーしかし、もう来年の手帳が発売される季節ですかー!

早いものですねー!

 

 

ぼくのほぼ日手帳

 

今年はカズンを使っています。

 

f:id:kjux3r7335:20170819122838j:image

 

初めてのカズンなんですけど、デカい。

マンスリーもウィークリーもデイリーもあってスケジュールの管理はしやすいのかもしれないですが、コールセンターに勤務するだけの単なるオペレーターとしてはそんなに細かくスケジュール管理することはないので有り余るスペックです。

マンスリーで予定管理し、デイリーページで日々の日記を書くくらいです。

 

 

カバーはヌメ革

 

カズンのカバーは2014年のヌメ革です。

カバーを買ったのは2014年でしたが、中身を使ったのは2017年が初めてです。(それまでは違う手帳を中身にしてた)

 

ぼくが思うほぼ日手帳の最大の長所が「バタフライストッパー」。

ペンを挿し込むと手帳が開かないようにできるってやつ。

素晴らしい。素晴らしい。素晴らしい。

ペン挿しとしての強度も十分保てるし、手帳を開くときには大体ペンを必要とするので、バタフライストッパーから抜くのも合理的。

 

しおりの紐が二本付いてるのも良いですね。

マンスリーページとデイリーページに挟んでいます。

 

 

オリジナル版もヌメ革

 

ぼくの手帳は4月始まりなので、換えるのはまたもう少し先ですが、次のほぼ日手帳はオリジナル版にします。

カバーは2012年に奮発して買ったヌメ革。(写真右)

 

f:id:kjux3r7335:20170819122859j:image

 

いやあ、カズンはやっぱちょっと僕には大きいねん…。

広くて書きやすいんですけどね。

 

ヌメ革は兎にも角にも「使い込むたびに味が増していく」ってのが魅力ですよね!!!!

もうほんとこれに尽きる。

キズも汚れも魅力に変わる。

今のラインナップではヌメ革がないのが残念ですけどね。

毎年(もしくは隔年でもいいので)展開してくれると良いと思うんですけどね。

 

2018年のラインナップではTSブラックやTS2018バトラーが良い感じですかね。

特にTS2018バトラーかっこいい…。

 

f:id:kjux3r7335:20170819123506p:plain

 

あとTRAVEL(chocolate)がおしゃれで上品そうだけど、バタフライストッパーが無いのが残念。

スマートさに特化させたカバーになってる感じですねー。

 

ポーターとのコラボも良い感じです。

 

f:id:kjux3r7335:20170819123701p:plain

 

 

来年も楽しみ!

 

ってことで、この時期の大きな楽しみですね。

来年の手帳を考えるのって楽しいです。

毎日書くのは大変(ていうか無理)ですが、それでもお気に入りの手帳と1年間を過ごしていくのは心地よいですね。

 

ぼくはカバーの新調はせずに、来年もヌメ革のを使うんですけどね。

愛して止まないヌメ革カバーちゃんです。

 

 

誰もあなたのことなんて興味がない。

PLAY ARTS改 FINAL FANTASY VII REMAKE No.1 クラウド・ストライフ PVC製 塗装済み可動フィギュア

 

誰もあなたのことなんて興味がない

 

これは『多動力 (NewsPicks Book)』にて堀江氏が書いていた言葉だ。

これを読むと「あーなるほどなー。そうだよなー」と考えさせられる。

 

誰もあなたのことなんて興味がないから言いたいこと言えばいいのだ。

そうしたほうがストレスなく過ごしていけるぞ。

といった主張である。

兎角、こういったインターネットの世界では匿名で発言できるし、誰もあなたのことなんて知らないのだから言いたいこと言えばいい(書けばいい)のである。

※もちろん誹謗中傷や犯行声明等はダメだぞッ(≧∀≦)

 

 

心の声

 

ということで、いきなりではあるが、とりあえず言いたいことを書き連ねてみることにしてみる。

誰も僕のことに興味はないのだ。

言いたいことを言おう。

 

お金がほしい。そうお金がほしいのだ。厳密に言えばお金の余裕がある状態になってストレスのない生活を営みたいのだ。そして可愛い嫁がほしい。20代前半の嫁が。若さはやはり良い。若くて可愛いは正義である。あと会社に行きたくない。雇われたくない。自動的に収入が入る仕組みを構築して家でのんびり過ごしたい。世の中の役に立たなくてもいい。自分さえ良ければそれでいいのだ。野球して読書して美味しいもの食べてちょくちょく旅行して平穏に暮らしたい。実家に住んでいるがお金があれば家を出たい。とは言え、実家に住んでいることで蔑まれるのはいかがなものか。しゃーないやん。ていうか親と一緒に住んでいて時々手伝いをするのってむしろ良いことやん。あと歩きスマホとかイライラするわー。バチンて叩き落としたくなる。エスカレーターを歩くのも本当は駄目だと思っている。(関東で言えば)右側を空ける風習があるがそこを埋めて二列になって上がったほうがエスカレーター下が並ばなくていいではないか。何なんだ、ちくしょう。

 

まぁそんな感じのことを思っている。

 

 

日常的には隠してしまう

 

『16の性格』でも書いてあったと思うが、僕は言いたいこと言えない性分なのだ。

まぁ普通の人はそんなに本音をバンバン言いまくっていることはないと思うのだけど、その中でも僕は特に言えないほうなのである。

 

でもせっかくこうしてブログというツールがあるのだ。

他人や子どもには見せられない内容になるかもしれないが、本音を表現できる場にしていきたいと思う。

 

本音を書いたところでどうせ人は言うのだ。

「興味ないね」と。

 

高校野球の思い出

 

夏の風物詩、高校野球

かつて球児だった僕は家の中でアブラゼミツクツクボウシの声を聞きながら中継を見る。

甲子園中継を横目に家事や記事執筆をするのが夏の楽しみである。

 

 

高校3年生の夏、僕はベンチ入り出来なかった。

それまでの公式試合ではずっとベンチ入りしていたのに、最後の夏は叶わなかった。

怪我をしたわけでもない。

真面目に練習してきたのに、その夏、背番号を獲得したのは僕をイジり倒す奴だった。

 

僕はおとなしく自己主張のしない高校生だった。

「うえーい」とケラケラ笑いながら学校生活や部活を行っている奴らが苦手だった。

そういう奴らが幅を利かせている中、僕は一人で黙々と素振りを行っていた。

「基本」を大事にしようという信念だった。

基本的に一人だった僕は、自主練でティーバッティングやノックはあまり行わなかった。

 

結局実力が足りなかったのだ。

実力さえあればどんな奴も認めさせられる。

それが足りなかっただけなのだ。

 

最後の夏、主将は地方大会の組み合わせ抽選クジで甲子園常連校との対戦を1回戦に引き当ててきた。

僕はアルプススタンドで応援した。

グラウンドに立てなかったことを悔しく思った。

親にも「観に来て」と言えなかった。

そして1回戦で敗退した。

 

試合終了のサイレンが鳴り響く中、僕は泣き崩れた。

僕をいじり倒す奴らのことは苦手だったけど、それでも2年半、ずっと一緒に野球をやってきた奴らだったのだ。

彼らと一緒にもう野球ができなくなったのだと思うと涙が溢れ出してきたのだ。

僕はアルプススタンドでただただ泣いた。

 

 

あれから15年。

高校野球を見ない夏はない。

試合終了で泣く姿を見ると、あの時の僕と同じような気持ちでいたりするのかなぁなんて思い馳せる。

 

一桁の背番号に憧れた。

単なるゼッケンだとも取れるが、やはり当事者らには特別な意味を持つ。

 

昔『H2』というマンガで主人公の女房役が最後の夏、甲子園大会が始まる前にこんなことを言っていた。

 

楽しくやろうぜ ただのボールゲームだ

 

そう、ただのボールゲームである。

そしてタイムアウトのない試合のおもしろさがある。

そこには関わる人の数だけドラマがある。

 

貧乏ながらも用具を買い揃えてくれたり、お弁当や洗濯も文句一つ言わずにやってくれた母親には感謝しかない。

 

 

H2 (30) (少年サンデーコミックス)

H2 (30) (少年サンデーコミックス)

 

 

教師志望の僕が「あなたの天職がわかる16の性格」の診断をやってみた。

こちらの記事を読みまして。

 

www.hitode-festival.com

 

僕も天職ってやつを知りたいわーと思うんですよね。

ヒトデくんも書いているけど、「人より少ない労力で、人より結果が出る」って素晴らしくないですか?

楽しく働けてお金もがっぽがっぽになったら最高じゃないですか?

ってことで買ってみました。

 f:id:kjux3r7335:20170819125426j:image

 

本についてはそのヒトデくんの記事から読んでみてください。

 

僕も『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』をやったことがあるんですけど、診断の細かさは断然後者に軍配が上がります。

とは言え「自分の強みがわかっても、活かしていける職業ってどんなよ(;;)」ってモヤつくのも事実。

ヒトデくんも書いていたけど「具体的にどんな職業が向いているのか」ってとこにアプローチしているのが素晴らしいんですよね。

 

ちなみに、診断部分とその結果部分以外は小難しい感じになっているので、あんまりちゃんと読んでないです。

外国人の書いたものを翻訳している本ってそんなもんだよね。ちょっと読みづらいというか。

でも診断結果は結構腑に落ちるので、信憑性はあると思います。(ヒトデくんも言ってたけど)

 

 

僕の診断結果

 

いくつかの質問に答えていって診断します。で、僕は

 

タイプ6【実務家】

ISTP型(内向・五感・思考・柔軟)

 

ってタイプのようです。

性格についてもいろいろ書かれていて

 

会話より活動を好む。

自分で目標を立て、自分で道を選び、前進していくことができる。

だれにでも平等に接し、公平。

自分の衝動をコントロールできるので、急に問題が起こったり変化が生じてたりしても、臨機応変に対応できる。

興奮したい、身体を動かしたいという欲求が強く、アウトドアで過ごすのを好み、スポーツも得意だ。

 

自分の感情や関心を他人と分かち合うのが苦手であり、そもそも、そんなことは不要だと思っている。

自由時間が欲しいからという理由で、必要最小限のことしかしない傾向があり、プロジェクトを最後までやり遂げないときもある。できるだけ近道をしたい、努力を最小限に抑えたいという願望が強すぎるのだ。細かい点まで計画をよく練り、すべての段階と詳細を漏れなく設定しておけば、途中で道からそれることもなくなるだろうし、興味をなくしてしまうこともなくなる。

新たな情報を取り入れようと常にアンテナを張り、あらゆる可能性を逃したくないと思っているので、優柔不断で煮え切らないところがある。興奮を求めるあまり、ときに無鉄砲になる危険があり、すぐ飽きてしまうおそれもある。目標を定め、物事や人間に対して真剣に責任をとろう。そうすれば、いつもの失望を味わわずにすむし、行き当たりばったりに人生を送る危険を減らすことができる。

 

 思いあたりまくりまクリスティーです。

 

こういった性格の他にも「実力を発揮できる職場環境」とか「仕事に関連する長所と短所」とかも示してくれます。

全部書くのは無理ですが、僕の場合は「厳しすぎるルールがない環境で働ける。他人から標準的なやり方を押しつけられずにすむ」「自立して働ける。上司の監視の目が厳しくなく、自分も人を監視せずにすむ」という職場環境で力を発揮できるようです。

腑に落ちまくりまクリs

 

 

で、どんな職業が適しているのかというと高校・大学の運動コーチとかですかねー。

他に面白いところで言うと私立探偵とか船長とか大工とか経済学者とか…、セールスなんかも良いみたいです。

こりゃ松田優作のDVDを全部見て、また海賊王を目指すゴム人間のマンガを全巻買うようかしらね。

 

ていうか「教師」がないYO。

診断結果の16の性格の中で「教師」が含まれているのが12もあるのに、タイプ6【実務家】にはありませんでした。

まじかよーーーーーー。

 

 

教師って仕事は他人から標準的なやり方を押しつけられるし、上司からの監視もなかなかに厳しい。

特に初任の頃は。

けど2〜3年を乗り越えれば結構やりたいように授業を組んでいけると思うんですよね、年間指導計画でやるべきところをきっちりやっておけばね。

 

教師って向いてないのかもしれないけど、でも基本的にはひとりで自主的に仕事していけるし(授業の準備とか)、運動部の顧問になればコーチのような立ち位置も経験できる。

僕、結構スポーツの指導者は向いていると思うんですよね。

ただ運動部の顧問ってなると放課後や土日も出て死にそうになるから、そのへんはある程度コントロールしないと精神が病みます。気をつけねば。

 

 

弱点を克服する 

 

本の中でいろいろアドバイスもしてくれます。

例えばこんな。

 

これまでの努力が実を結ぶかどうか、その結果が出るのを待たずに、おもしろそうなものがあるからといって、すぐ次のことに飛びつかないように。

忍耐力をつけよう。懸命に働き、計画を守る。それが心から望む結果を出す方法であると肝に銘じよう。

 

「飽きやすい」というのも特徴のようで(自覚もあるけど)。

このブログアカウントも実は3つめなんです。

フリーザで言えばこの段階。

 

ドラゴンボール改 DXソフビフィギュア フリーザ vol.2 フィギュア プライズ バンプレスト フリーザ 第三形態 単品

 

(なんと、あと1回変身を残しているのか…)

 

というか、身バレのリスク回避とかそういうのをいろいろ考慮して今回のアカウントになったんですけどね。

兎にも角にも、しっかり継続させていくのが必要ですねぇ。

 

仕事についてもここ5〜6年は1年間くらいの間隔で転職してきています。

今の職場は2年目ですが、遅くとも来年度には教員に復職したいと考えています。

教員に戻ったらまた怒涛の毎日で精神と体力をすり減らす日々になると思いますが、耐え忍び、懸命に働いて、努力の結果が実るのを待ちたいと思います。

 

 

必要最低限以上の努力を惜しむ傾向があることを自覚しよう。

近道があると、すぐに飛びついてしまう傾向があるということを自戒しよう。

企業は、まじめで実直な社員を求めていることを忘れないように。きちんと仕事を終らせるためなら残業もいとわないし、最後までやり抜く人間であることを、わかってもらおう。

 

はい。

「儲かりまっせ」みたいな話に弱い僕です(;´д`)トホホ…

まあ最近はそういうのにはもう手を出さないようにしていますが。

超堅実系の資産運用には興味あります。

 

「やらなくてもいいことなら、やらない」という省エネを信条にしている折木奉太郎に共感しています。『氷菓』って作品の主人公ね。(画像左)

 

氷菓(1) (角川コミックス・エース)

 

なので、特に書類作成なんかは基本的に僕は適当なんですよね。

でも授業準備はいつも残業して頑張っていましたよ。

また教員になったら残業をあまりしないように、精神の健全さを保てるように頑張ろうと思いますが。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』って考え方も素晴らしいなと思っていて、やるべきことに注力して、あとのことは「やらない」といった決断も必要だと思っています。

 

話がやや逸れましたが、『あなたの天職がわかる〜』で言いたいのは「性格的に手抜き仕事をやりがちだから、自覚してやらないように気をつけろ」ってことでしょう。

ういーっす。

 

 

まとめ

 

いやー、自分のことばっかり書いてしまいましたが、転職活動をしようとしている社会人には本当にオススメの本です。

就職活動をする高校生や大学生にもオススメだし、もっと言えば将来の進路をどうしようかと考える中高生にも良いと思います。

自分の考えている範囲外の職業も提示されるので、幅広い職業研究ができるきっかけになりそうです。

 

僕、「犯罪捜査官」も適しているらしいんですけど、今からそうなろうとは思えないですからね(笑)

でも学生時代だったら「どんな仕事なんだろう」とか「どうやったらなれるんだろう」とか考えてたかもしれません。

 

人生を楽しくするのにどんな仕事を選ぶかは重要なファクターですからね。

うまく活用してください。

 

 

新装版  あなたの天職がわかる16の性格

新装版 あなたの天職がわかる16の性格

 

 

好きな短歌で思い浮かべるのは平兼盛と小野小町

お題「好きな短歌」

 

お題スロットってやつを利用してみた。

「好きな短歌」

なるほどー…。

 

 

短歌といえば

 

僕の中では短歌といえば小倉百人一首である。

なぜかといえば大した理由でもないのだけど、単純に学生時代に覚えさせられたからである。

中学生のときと大学生のときに授業で覚えさせられて。

冬休み明けに何句覚えたかテストなんてやらされた。

用紙には100の回答欄だけがあり、まっさらの状態から100句を書いていくというものだ。

僕は40句くらいしか書けなかった。(国語教員を志す者としては物足りないだろうが)

ガチで100句を覚えて書いて満点を取っていた(もしくは満点に近い点数を取っていた)当時の同級生のことを超人のように思った。

いやいやいやいや、100個も覚えるなんて無理でしょー!!って思っていた。

 

そんなやる気に欠ける僕でもなんとなしに気に入っていた句がある。

平兼盛の句である。

 

しのぶれど 色に出でにけり わが恋は

ものや思ふと 人の問ふまで

 

恋心を隠しているけど表情に出てしまう!!隠しきれない!!(照)

「誰かのことを恋して想ってる?」と人に聞かれてしまうくらいに(きゃー)

 

ざっくりいうとこんな感じの歌である。

ほら、僕って恋愛体質じゃないですかー。

失恋しまくっているけど恋愛体質じゃないですかー。

まあ僕はあんまり恋心を隠したりしないんだけどね。

そのせいで失敗を繰り返している節もある。

 

百人一首にはいくつか恋の歌もあるんだけど、この歌を初めて知ったときには「魔法陣グルグルのククリの!!!!」ってことですよ。

 

 

ギャグ漫画ですよ?

ヒロインのククリが勇者への恋心を隠しきれないで「しのぶれど 旗にでりけり わが恋は〜」と読むんですよ。

 

結局僕はマンガにアニメにゲームにいろんなことを教わっているのだなと。

というか、こうして学ぶきっかけがね。

大事だよね。

そしてやはり漫画家を始めとするクリエイターたちはそういう教養的なものもしっかり抑えているよね。

ただマンガを描いていればいいってもんじゃないんですねー。

 

 

君の名は。」も小野小町の歌が創作アイデア

 

公式サイトでも書かれているんですけど新海誠監督がね、小野小町の歌を引っかかりにして映画の制作をしていったって話。

 

その未来の物語を小野小町の和歌『思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを』(訳:あの人のことを思いながら眠りについたから夢に出てきたのであろうか。夢と知っていたなら目を覚まさなかったものを)を引っ掛かりとして、アニメーションのフィールドの中で描く事が出来ると思いました。 

 

映画『君の名は。』公式サイト

 

やっぱり恋愛の歌なんですけどね。

今でもこんな身近に和歌って存在しているんです。

こういうのを引っかかりにして子どもたちに古典文学を教えてみたいです。

 

ちなみに小野小町百人一首にも歌があって

 

花の色は うつりにけりな いたづらに 

わが身世にふる ながめせしまに

 

ってやつですよね。

有名ですよね。

 

 

 

ということでお題「好きな短歌」でした。

昔の教科書をひっくり返せば「あー、こんな歌もあったよねー!」ってなるのかもしれないけど、今時点で短歌を思い浮かべたときに出るのはこれくらいのことですかね。

 

五七調って日本特有だし何だか心地良いよね。

 

 

そういえば教員採用試験に落ちたので報告しておきます。

 

前にこんな記事を書いていましたが

 

tsunesen.hatenablog.jp

 

あっさり落ちました。てへ。

まぁ甘くはないですわ。

勉強という勉強もしてこなかったのでね、当然の結果です。

 

不合格通知と一緒に臨時的任用の登録用紙も入っていたので、それを記入して提出に行こうと思います。

それとやっぱり独学を1年間(長期間)続けるのってしんどいものがあります。

今回の試験で「こんな感じね」というのがつかめたのはいいのですが、来年はきっちり合格したいものです。 

 

勉強のペース配分として今後取り入れていこうと思うのが「模試」です。

 

全国公開模試 | 教員採用試験 -協同出版-

 

コレを指針にして取り組んでいこうと思います。

もし臨時的任用で赴任したら4月以降は忙しくて受けるのも難しくなるかもしれませんが。

 

消防団も来年は操法の選手になるので大変なんだよなぁ。

 

「結果を出せ」、この言葉に尽きます。

言い訳をグチグチ言っていても仕方ありません。

勉強して出来るようにするだけです。