僕の前に道はない。

なまけてたっていいじゃない。

ただの戯言である。

ほぼ日手帳2018ラインナップ発表。僕は昔のヌメ革カバーを使う。

 

ほぼ日手帳の2018年のラインナップが発表されたということで。

 

www.1101.com

 

新しい手帳を買うのってわくわくしますよねー。

発売日は毎年9/1なので買えるのはもう少し先ですが。

いやーしかし、もう来年の手帳が発売される季節ですかー!

早いものですねー!

 

 

ぼくのほぼ日手帳

 

今年はカズンを使っています。

 

f:id:kjux3r7335:20170819122838j:image

 

初めてのカズンなんですけど、デカい。

マンスリーもウィークリーもデイリーもあってスケジュールの管理はしやすいのかもしれないですが、コールセンターに勤務するだけの単なるオペレーターとしてはそんなに細かくスケジュール管理することはないので有り余るスペックです。

マンスリーで予定管理し、デイリーページで日々の日記を書くくらいです。

 

 

カバーはヌメ革

 

カズンのカバーは2014年のヌメ革です。

カバーを買ったのは2014年でしたが、中身を使ったのは2017年が初めてです。(それまでは違う手帳を中身にしてた)

 

ぼくが思うほぼ日手帳の最大の長所が「バタフライストッパー」。

ペンを挿し込むと手帳が開かないようにできるってやつ。

素晴らしい。素晴らしい。素晴らしい。

ペン挿しとしての強度も十分保てるし、手帳を開くときには大体ペンを必要とするので、バタフライストッパーから抜くのも合理的。

 

しおりの紐が二本付いてるのも良いですね。

マンスリーページとデイリーページに挟んでいます。

 

 

オリジナル版もヌメ革

 

ぼくの手帳は4月始まりなので、換えるのはまたもう少し先ですが、次のほぼ日手帳はオリジナル版にします。

カバーは2012年に奮発して買ったヌメ革。(写真右)

 

f:id:kjux3r7335:20170819122859j:image

 

いやあ、カズンはやっぱちょっと僕には大きいねん…。

広くて書きやすいんですけどね。

 

ヌメ革は兎にも角にも「使い込むたびに味が増していく」ってのが魅力ですよね!!!!

もうほんとこれに尽きる。

キズも汚れも魅力に変わる。

今のラインナップではヌメ革がないのが残念ですけどね。

毎年(もしくは隔年でもいいので)展開してくれると良いと思うんですけどね。

 

2018年のラインナップではTSブラックやTS2018バトラーが良い感じですかね。

特にTS2018バトラーかっこいい…。

 

f:id:kjux3r7335:20170819123506p:plain

 

あとTRAVEL(chocolate)がおしゃれで上品そうだけど、バタフライストッパーが無いのが残念。

スマートさに特化させたカバーになってる感じですねー。

 

ポーターとのコラボも良い感じです。

 

f:id:kjux3r7335:20170819123701p:plain

 

 

来年も楽しみ!

 

ってことで、この時期の大きな楽しみですね。

来年の手帳を考えるのって楽しいです。

毎日書くのは大変(ていうか無理)ですが、それでもお気に入りの手帳と1年間を過ごしていくのは心地よいですね。

 

ぼくはカバーの新調はせずに、来年もヌメ革のを使うんですけどね。

愛して止まないヌメ革カバーちゃんです。