僕の前に道はない。

なまけてたっていいじゃない。

ただの戯言である。

ブログを書こうとカフェに来たけどやる気が出ない時の対処法4つ

 

最近取り組んでいるのが、「仕事終わったあとにカフェに寄る」ってやつです。

カフェで何しているのかといえば、ブログを書いたり、可愛い女の子(店員さん)を眺めたり、本を読んだり、可愛い女の子(お客さん)を眺めたりしています。

 

しかし。

仕事が終わったあとってエンジンが掛かりにくいんですよね。

「おおおおおっし、今日はブログ書いちゃうぞ〜」って意気揚々と席についても「ねむい…」とか「お腹減った…」とかで全然集中できない。

そんなときに、どうすれば「ブログを書こうとする自分」になっていけるかを考えて実践しています。

 

 

1 とりあえずノートを開く

 

僕のノートの使い方は「とにかく思ったことを書く」です。

「あー、あれやっとかなきゃー」「あれ買っとくかー」とか考えたらとりあえず文字に起こしてメモっとく。

メモは忘れてもいいようにやるものですからね。

そうこうしているうちに「やる気を起こすためにこんなことをやってみよー」ってなことも考えるんでね。

そういうのを書き留めて実践して、やる気になったらパソコンに向かうのです。

 

もちろん、思いつくままにメモしていってブログを書こうと思えるネタにぶつかることもあるでしょう。

そういうときもパソコンを開いて書き始めていいと思います。

 

 

2 とりあえずゲームする

 

ゲームじゃなくてもいいんですけどね、頭が回らないときは一旦単純作業を開始してみるのも手です。

僕の場合はドラクエ6のレベル上げ。

最近アプリで買いまして、ひたすらに職業の熟練度を上げています。

 

f:id:kjux3r7335:20170829134321p:image

 

他にも僕の場合だったら漢字(語彙)の練習とか取り入れてみても良いかなと思っています。

とにかくブログに全然関係ないことでもいいので何かを始めてみるのは効果的です。

ドラクエをやりながら「あーそういえば」と日常生活のことを思い出してノートにメモしていくような感じですね。

そうしてると勃然とやる気が湧いてきたりします。

 

 

3 ちょっとだけ瞑想

 

眠い〜〜〜!ってなっても、カフェでがっつり寝るのはできません。

家でなら「30分だけ」と仮眠できるんですけどね。

そんなときにオススメなのが「ちょっとだけ瞑想」です。

 

といっても1〜2分間、目を閉じるだけ。

瞼を閉じることで目の疲れも回復できますし、眠気も少し和らぎます。

スマホのタイマーをセットしておいて、時間になったら目を開けて取り組んでいきましょう。

アラーム音は小さめ(もしくはヴァイブレーションのみ)にしておきましょうね。

大きい音が鳴ると周りのお客様のご迷惑になりますからね。

 

あと、長い時間瞑想するのも避けましょう。

お店の人に「あの客寝てるよ…」ってマイナスのイメージになると良くないですからね。

気持ち良い接客をしてもらうために、お客さんとしても最低限のマナーは守りましょう。

 

 

4 本をパラパラめくる

 

僕がよくやるのは「Kindle端末で既読の本をパラパラ読み返す」ってことです。

もう読み終えてるのでしっかり読まなくてもいいですし、「おっ」と目に止まったとこが膨らみそうなら記事にしていって良いでしょう。

ブログのノウハウ本でやる気を刺激しながらネタを探してもいいですし、マンガでもいいです。

他にも「dマガジン」等の雑誌読み放題サービスをパラ読みしても良いですね。

 

 

逆にやらないように避けていること

 

ネットサーフィン。

これはやらないようにしています。

なぜかと言えば、そもそもネット上って真偽のそれがわからない情報が多いですし、ブログを書く前からパソコンの光で目が疲れちゃう気がするからです。

まぁそれを言えばタブレット端末で「dマガジン」とか読んでいても目は疲れちゃうんですけど…。

 

ユーチューブなんかも時間泥棒的なところがあるのでね。

特に「仕事終わりで時間を効率的に使ってブログ執筆したい!」ってときには絶対見ないです。

 

 

まとめ

 

こんなもんですかねー。

ノートを開いて、ドラクエやったり、仮睡(瞑想)したり、Kindleで本をめくったり。

ほんと仕事終わったばっかりって疲れもあって「ブログ書こう」って気分になってないんですよね。

人によってやる気の出し方っていろいろあると思うんですが、僕の場合はこんな感じだということで。

まぁよかったら参考にしてみてください。

 

なお、この記事もノートを開き、ドラクエを始め、少し瞑想して「書くか!」と生まれたのを最後に付け加えておきます。

んじゃね。