僕の前に道はない。

なまけてたっていいじゃない。

ただの戯言である。

すっきりとした部屋に憧れている

 

2年前くらいに『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -』という本が話題になった。

僕もミニマリストに憧れたものである。

 

f:id:kjux3r7335:20170909235227j:image

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 

洋服が大好きだったが、白シャツや白Tシャツを買い、シンプルな装いを心がけるようになった。

普段のワイシャツも無印良品で買い揃え、白オンリーで着回している。

 

だが、どうしても片付けや捨てるのが苦手だ。

部屋は未だに雑然とし、モノで溢れかえっている。

捨てるのに分別するのも面倒なのだ。

 

いっそのこと物置でも買って、要らないモノを全てぶっこみたいくらいである。

 

 

最近『ヒカルの碁』を全巻kindleで買ってしまった。

紙の本で持っているのでわざわざkindleで買わなくても読めるのだが、魔がさした。

しかし、これがなかなかに良さそうである。

 

使っている端末はKindle Paperwhite 32GBマンガモデルだ。

マンガが700冊くらい入るらしい。

通勤で往復2時間くらい乗ってる電車の中でもめっちゃ読めるし、全巻kindle版で揃えたことで紙の本を処分できる。

 

この「紙の本を処分できる」というのは大きい。

ヒカルの碁kindle版全巻で9000円くらい?だったかと思うが、これで便利さと部屋の中のスペースの両方が買えたと言うことになる。

 

紙の本のマンガも積極的に処分したいという気になってきた。

他にも「ドラゴンボール」や「幽遊白書」「I"s」「魔法陣グルグル」「めぞん一刻」等も電子書籍に移行したいところである。

そして読まない(読もうという気にならない)マンガも処分していきたい。

 

 

僕は多分ミニマリストにはなれない。

洋服も「私服の制服化」なんかを考えていこうとも思ったが、難しそうである。

秋冬について、モッズコートも好きだしウールコートも良いし、たまにはレザージャケットも着たい。

 

10月にはユニクロユーの新作を買ってみようかなと思っている。試着してみて良かったらね。

 


 

本棚のマンガを減らして整理し、それを皮切りに他のものも順次片づけていけたらいい。

 

洋服も(ミニマリストよりは多少多いバリエーションになるだろうが)お気に入りのモノをワードローブにして、クローゼットを作っていきたい。

 

何もない、すっきりとした部屋は憧れる。