僕の前に道はない。

なまけてたっていいじゃない。

ただの戯言である。

教員は過酷なので、やらなくてもいいことはやらないスタイルをおすすめしたい。

中学校教諭の1.7人に1人、小学校教諭の3人に1人が「過労死ライン」(月80時間の残業)を超える長時間労働を強いられている。

4月末に文部科学省が公表した2016年度の「教員勤務実態調査(速報値)」で、そんな衝撃的な事実が明らかになった。公立学校教員の勤務時間は週38時間45分と定められている。だが過労死ラインに相当する週60時間以上勤務(週20時間以上残業)した教諭は中学校で約6割、小学校で約3割に上る異常事態だ。教諭の1週間当たりの勤務時間は10年前と比べて約4〜5時間増えた。しかもこのデータには自宅に持ち帰った残業は含まれていない。

「休日もまったく休めない」「このまま働き続けると体が壊れてしまう」……。多くの教員から悲痛な声が上がる。

11年6月、大阪府堺市の市立中学校に勤務していた26歳の男性教員が自宅アパートで倒れて亡くなった。死因は虚血性心疾患だ。

男性教員がその学校に赴任したのは10年4月。1年目から担任を任されると、学級通信をほぼ毎週発行するなど熱心に取り組んだ。部活動では経験のないバレーボール部の顧問になった。平日や土日の指導に加え、同部員が記入する個人別のクラブノートに励ましや助言をびっしり記すなど、人格形成にも力を注いだ。

(中略)

「業務量の多さや部活動が過重労働、過労死の温床になっている」と遺族の代理人で過労死問題に詳しい松丸正弁護士は警鐘を鳴らす。

 

長くなったが、『東洋経済』から引用したものだ。

 

 

非正規ではあったが僕も中学校教諭を経験した。

臨時的任用で一年生の担任を任され、経験のない男子バスケ部顧問となった。

過酷だった。1年で辞めた。

 

そして今、また教員に戻ろうとしている。

そんな自分なりに思うところを記していこうと思う。

 

 

当時は「過労死ライン」なんて知らなかった

 

今でこそ「教員はブラック」と声高に言われるようになったが、僕が赴任してた2010年、2011年頃はそんな風潮はなかった。

ましてや、ずっと「やってみたい」「子供の可能性を伸ばしていけるような、良い教員を目指したい」と志を高く持っていた身としては、どんなに仕事量が多くても「頑張ろう」と気張ってやっていきたかった。

自由学習ノートを毎日チェックしたり、バスケは慣れなかったが部活動にもできるだけ顔を出した。(副顧問だったが)

家にも仕事を持って帰ってたし、土日も部活動指導後に職員室で授業準備等を行った。

平日も退勤が22時や23時になることもあった。

やる気満々だった。

 

これが完全に裏目に出る。

精神は疲弊し、2学期後半ごろからは自殺願望まで生まれた。

働きすぎるのが、精神衛生上においてこんなに悪影響を及ぼすとは思っていなかったのだ。

 

あまりの辛さに泣きながら母親に相談し、辞める決断をした。

3月、校長には「これくらいで辛いと思ってるなら辞めた方がいい」というようなことを言われたけども。

 

 

健康な体があってこその教育

 

とにかく1年目は、憧れの教員になったという気持ちもあって、頑張りすぎてしまう。

その結果、精神を病み、辛い結末を生んでしまうことはあると思う。

上記で引用した大阪府の男性教諭もそんな感じだったんじゃなかろうか。

 

もしも僕が彼の立場で、ギリギリ生きるのを諦めなかったら(というか精神が病んでしまうくらいに働きすぎたのを反省したとしたら)、教員を続けたときは「もっと手を抜いていいや」と思う。

リアルにまた教壇に立つときが来たらそうする。

 

「手を抜いていいや」というと聞こえが悪いが、要は自分の健康管理の優先度を最上級クラスに持っていくということだ。

学級通信? そんなものは書くのをやめる。

書かないなら書かないで保護者の方々が「学校の様子がわからない」と苦情を投げてくるかもしれない。

けど死ぬわけではない。

健全な健康管理や体調を優先して良いだろうと考える。

健康な体がないと学級運営も教科指導もできないわけだし。

 

また部活動のノートもやめる。

書きたい子は自主的に書けばいいし、無理に書かなくても部活はできる。

アドバイスが欲しければ会ってるときに相談に乗る。

ノートに記録や目標を書き込んでいくのは良いことだと思うし、自分で自分を客観視するのにも効果があると思う。

しかしそれはチームでやることないし、ましてや顧問の指示でやらなくていい。

部長や主将が提案して、子供達だけで自主的に行うなら結構なことだ。

 

また土日の部活動は顧問どちらかが交代で見ればいいし、それが叶わないなら部活動は無しでもいい。

教員の健康状態を優先すべきである。

その点が問題ないなら大いに部活動を行って結構なのだが、しんどいならやめるべきだ。

「辛い。死にたい」にだけは絶対に陥ってはいけない。

 

 

いかに余裕ある教員生活にするか

 

長年教員をやっている人は本当に凄いと思う。

僕なんかはちょっと辛いだけで音を上げて「辛い、死にたい」になってしまった。

 

しかし、失敗は成功に向かうのに欠かせないものである。

授業の質などは落としたくないし、もっと向上させたいと思う。

部活動も一生懸命に取り組んで指導していきたいと思う。

けど「頑張りすぎた」という失敗は繰り返してはいけない。

 

ガムシャラな考えは手放し、重要度や優先度の高いものに注力していくことを実践していかなければならない。

『エッセンシャル思考』的な考え方だ。

 

自分の人生の余暇も大切にせねばなるまい。

 

余裕がなくなれば確実に潰れてしまう。

「全部やろう」は駄目だ。

授業の準備はちゃんとやっておいて、学級経営や部活動指導は無理のない範囲で取り組むのが良いのではないだろうか。