僕の前に道はない。

なまけてたっていいじゃない。

ただの戯言である。

教員採用試験の学習計画を立てようと思案している。

 

教員養成セミナー』っていう月刊誌があるのだが、それの特別版「教採必勝Navi」を買ってきた。

 

f:id:kjux3r7335:20170914205426j:image

 

今年の教員採用試験は駄目だった。

というか、ほっっっとんど勉強していないのだから仕方ない。

 

 

tsunesen.hatenablog.jp

 

 

そもそも高校生大学生時代もそんなに勉強ができる方ではなかった。

学力のピークは大学受験のときだと自負しているが、それからは下降する一方だ。

それも進学した大学だって三流四流大学なのだから情けないところだ。

 

それでも2011年度には臨時的任用教員で1年間、赴任してやりきったこともある。

とにかくその場に立ってみて頑張るってことで何とかなるものだ。

もちろん自分の勉強の足らなさを痛感し続けた1年間だったが。

 

 

勉強しようとするのも教員になろうとするのも、子供が好きとか知的好奇心とかやりがいとか色々理由はあるけれど、突き詰めると結局「モテたいから」になる。

 

モテたい気持ちが強いが故に、ヒデヨシさんのブログ もよく読ませていただいている。

 

oreno-yuigon.hatenablog.com

 

上記記事の「こうなったら終わり、彼女にナメられる」というリストに以下のようなものがあった。

 

    • 自分が主たる活動(仕事・部活・受験生なら勉強)で情けない状態になっている

 

いや、もう、ほんとそれ(の状態)である。

 

こう言うのもダサいと思うが、今の会社でステップアップしたいとは思えていない

仕事が入ってこないので、ほぼ社内ニートな状態で毎日を過ごしている

クライアントから依頼されている業務なので自分で仕事を増やすことも出来ない。

毎日毎日「何もしない8時間」をこなしている

 

不毛すぎることこの上ない、情けない。

なんとか打破していきたいところである。

そして可愛い女の子にモテたい。

 

 

一般教養も教職教養も専門教養(国語)も乏しいのでちゃんと勉強しないといけない。

どんなに悪くても一次試験は通過するだけの知識は付けないと、情けなすぎる。

教育現場に立つ者として最低限の知識レベルだろう。

 

自分で勉強するのは必ずダレるので、本当は予備校みたいな塾みたいなとこに通いたいのだが、数十万円も必要になるのでそんなお金は用意出来ない。

通信講座なら6万円弱程度で対策できるのだが、学生時代は進研ゼミもちゃんと取り組めなかったので不安がある。

何か目標達成させるのに、ある程度の資金投資も必要だとは思うのだが。

 

あと300日程度。

千里の道も一歩から、である。