僕の前に道はない。

臨任教員生活

ただの戯言である。

アラサーの悩みとして抜け毛とか薄毛とかね。

 

男・沖田、33になって悩んでいることがある。

まぁ職が定まっていないとか貯金がないとか彼女もいないとか、そういうのもあるっちゃあるのだが、

ハゲてきたというのに最近は意識が向いている。

 

いや、結構前から気にはなっていた。

大学生くらいの時から「なんだか前髪のセットの収まりが良くないなー」とか思っていた。

母さんに「俺はハゲると思うか」と聞けば「あんたは父親の血が強いからハゲない、大丈夫」と言っていたので、純朴な俺は素直に信じ切っていた。

確かに父は(白髪こそ多いが)ハゲてないし、父方の祖父もハゲてはいなかった。

そして俺は完全なる父親似なのである。

「俺はハゲない」と頑なに信じきっていた。

 

しかし、やや気がかりな点があった。

母方の祖父はツルッパゲなのである。

亡くなった叔父もデコから頭頂部にかけてハゲていた。

髪の毛の進退に関して、もし母方の血が優勢になっていたら…と不安だった。

不安を抱えながら、シャンプーをした際に抜ける髪の毛を排水口に流していた。

 

「髪の毛は一日100本程度抜けて、100本程度生えてきているんだよ」

「だから入浴時に抜ける髪の毛は気にしなくていいんだよ」

そんなようなことを聞いたこともあった。

たしか美容師をやっている友人にそう聞いたんだったと記憶しているがうろ覚えである。

しかし、10代の頃よりも抜けている本数が多くなっているような気はしていた。

 

2010〜2011年度ごろ、臨時的任用教員をやっていた。

そこで過度にストレスに悩まされた俺は恐ろしい癖をつけてしまう。

前髪を引っ張って抜いてしまう癖だ。

職員室のデスクで仕事をしているとき、ついつい抜いてしまう。

これはストレスによる自傷行為のひとつだと何かで読んだと思ったが、最近またググってみたら「抜毛症」という症状のようである。

 

抜毛症とは - 抜毛症支援センター

 

そういえば俺は髭もよく抜いている。

真ん中の妹も自分の髭をよく抜いているし、一番下の妹も髪の毛を抜く癖がある。

抜毛癖兄妹である。

 

とにかく教員時代に結構前髪を抜き、そこからさらに抜け毛を意識するようになった。

そしていよいよ昨年くらいから「対策せねば」という気になってきている。

「M字ハゲ」や「ベジータハゲ」といった具合である。

 

f:id:kjux3r7335:20171123180710j:image

 

 

現実を受け止めなければならないと思った。

そう。俺はハゲてきている。 

 

シャンプー前の予洗いや、指の腹で洗う意識、シャンプーをしっかり洗い流すという基礎的なことはもちろん取り入れた。

ただこういうことは成果が出るのは遅いし、効果があるのかどうかも非常にわかりにくい。

何かアイテムも投入するか、などと考え、最初に買ったのがサクセスの頭皮洗浄ブラシだ。

 

サクセス 頭皮洗浄ブラシ ふつう

サクセス 頭皮洗浄ブラシ ふつう

 

 

血行促進して抜け毛防止を!と意気込んで使ってみたが、これでシャンプーするとこの頭皮洗浄ブラシにたくさんの抜け毛が絡まってくるのだ。

これには俺も「!!!!」となった。

いや、手の指で洗うのと本当は大差ないのかもしれないが、やはりショックであった。

しかし毛穴の油分や汚れは落ちるのだろう、使用後はいつもより頭がスッキリした感じになる。

ただ使用中に「気持ちいい〜」とはならないので使用習慣は身につかなかった。

 

散髪はそのスタイリストの友人にいつもお世話になっている。

「髪も細くなってハゲてきた気がする」と打ち明けたことがあったが、「そんなことないよ。ただ髪質は年齢とともに変わるからね、それは仕方ないよ」と言われた。

サービスでヘッドスパをやってもらったことがあるのだが、汚れが結構詰まっていたようであった。

 

「自分のシャンプーだけではハゲ予防は無理なのかもしれない」と思い始めていた。

彼女がいない身としては「ハゲ」は大きなマイナスポイントになってしまう。

女の子への印象はなるべく悪い方向にいかせたくない。

 

そこで昨年から取り入れたのが定期的なヘッドスパである。

美容室でマッサージ(血行促進)と集中的な汚れ落としをお願いするのである。

首の後ろの方のツボか何かをすごく押されるんだが、痛い。

そのツボで改善する何かが現状悪いからなのか何なのかわからないが、とりあえずいつも痛い。

しかし文句一つ言わず耐え忍ぶのである。

美を追い求めるには我慢も必要なのだ。

 

* * *

 

昨日また散髪に行って、ヘッドスパもやってもらった。

「睡眠不足やストレスは溜まってない? 頭皮に赤い点がある」と言われた。

以前にも言われたような気がするのだが、改善はしていないようだ。

睡眠は平日5〜6時間程度だろうか。

ストレスは…まぁそれなりであろう。

 

マッサージをしてもらい、「少し頭皮が柔らかくなりましたよ。お風呂のときにでも自分で揉んであげるといいですよ」とアシスタントの青年に言われた。

それは前にも教えてもらったが、自分でやってもよくわからないのが実際のところである。

しかし、日頃からの地道なマッサージが頭皮の柔らかさを保ち、血行を良くして髪の毛を健康的にするのはきっと間違いないのであろう。

 

最近ググって知ったのだが、髪の毛には「毛包」と呼ばれる部分があって、毛根の一部なのだが、この毛包が破壊されなければ髪の毛はまた生えてくるのだそうだ。

そしてこの毛包はちょっとやそっとでは破壊されないといった意味合いのことが書かれていた。

 

参考

hagelabo.jp

 

 

やはり規則正しい生活習慣は重要ということだ。

そして頭皮マッサージ

 

サクセスの頭皮洗浄ブラシをまた引っ張り出して、改めて頭皮ケアに向き合っていこうとする33歳の冬である。

 

なお、悩みといえば小便をする時の尿切れの悪さもあるのだけれど、最近はまぁそんなところだ。