僕の前に道はない。

臨採教員生活(旧版)

なまけてたっていいじゃない。

目標へと直向きに走れ。

f:id:kjux3r7335:20171202170330p:plain

https://www.instagram.com/p/BcJszwZhIe-/?taken-by=yuki_ota_fencing

 

 

フェンシングの太田雄貴選手(32)がTBSのアナウンサーと結婚したというニュースが。

 

フェンシング太田雄貴氏が結婚 笹川アナ射止めた - 結婚・熱愛 : 日刊スポーツ

 

なるほど、「王様のブランチ」に出ているアナウンサーさんですね。

きれいな人ですよね。 

 

***

 

太田選手は32歳で結婚ですか。

うらやましい。

僕ももう33歳ですが、彼女もいないですからね。

 

立っているフィールドが全然違いますが。

太田選手はフェンシングにひたすらに向き合って極めてメダルまで取ってしまうくらいです。

方や僕なんて仕事も決まらないでのほほんと、のうのうと生きてきただけのへっぽこぴーです。

同等のように比べれられる由もありません。

 

笹川アナは今回の結婚について次のようにコメントしているようです。

 

 

「目標へと直向きに走る姿、周りの人を守り、楽しませたいという姿勢にひかれ、一番近くで支えたいと思いました」

「彼の隣に居ると、ワクワクするのと同時に、日向ぼっこをしている時のような、温かく穏やかな気持ちになります」

 

 

僕が言えるようなこともないのですが、太田選手は特別顔が良いというわけではないと思います。(悪いわけでもありませんが)

けどこんな素敵な美人アナと交際し結婚するとまできたというのは、やはり彼の人柄であり人間性が素晴らしいのだと思うんです。

 

別に一流アスリートとか有名人とかって話ではなくて、一般人の世界でも結婚の機会があったら「目標へと直向きに走る姿、周りの人を守り、楽しませたいという姿勢にひかれ、一番近くで支えたいと思いました」という超素敵コメントはあり得るものだと思うんですね。

こういう言葉を引き出せるような男になっていけるのか、が大事だと思います。

そういう方向に向かって成長しようとしているのか、結果を出しているのか。

 

***

 

僕はまた教員になりますが、その世界の中で「目標へと直向きに走り、周りの人を守り、楽しませたいという姿勢」を確立していけるかですね。

無理矢理に出会いを求めようとしなくても、そういう生き方を目指して努力していけばきっと良い人とのめぐり逢いが起きると思うんですね。

甘いですかね。

 

年齢という焦りも多少ありますが、とにかく今は勉強をしっかり続けて、1月からは現場でも経験を重ねて、仕事が出来るようにならなくてはいけません。

以前にこんなことも書きました。

 

tsunesen.hatenablog.jp

 

「幸せを追い求めるのではなく、目の前の義務(やるべきこと)に集中せよ。その結果幸せはついてくるんだよ」といった感じの話です。

太田選手、笹川アナをはじめとする世の中の幸せ者は、きっとこれを体現しているのだと思います。

 

 

本当に素敵なお二人ですね。

とっても幸せそうな写真で。

おめでとうございます。