僕の前に道はない。

臨採教員生活

なまけてたっていいじゃない。

『ガッコの先生』に憧れて。

 

ガッコの先生』というドラマのDVDをヤフオクで入札してしまいました。

当時(高校生時代)リアルタイムで視聴していました。

堂本剛くんが主人公のドラマです。

主題歌の「Hey! みんな元気かい?」はカラオケでも歌いやすくてお気に入りです。

 

Amazonの商品説明を引用します。 

 

堂本剛がはじめて先生役に挑んだ話題作。桜木仙太郎(堂本剛)は産休代用教師として、東京の小学校に赴任するために大阪から上京してきた。早速、下宿先のラーメン屋を訪れる仙太郎だったが、店主(いかりや長介)の娘・素子(竹内結子)もまた、同じ学校の教師だった…。 熱血漢の仙太郎、子どもたちとの関係にクールなスタンスを保とうとする現実主義者の素子、そしてマザコンで気が弱く、子どもたちに恐怖感を抱いている敦(田中直樹)の三者三様のいまどきの教師像に注目したい。ただ、使い古されたテーマの焼き直し的なエピソードが多いのは新味に欠けるところ。意外にも、堂本剛ネイティヴとしての関西弁を使ったはじめてのドラマでもある。(麻生結一)

 

堂本剛くん演じる桜木先生も教員採用試験に落ちてしまって臨時的任用での採用という設定です。

この作品にも影響されて教師を目指したと言っても過言ではありません。

 

桜木先生が作中で「教師は頭やない、ハートや!」みたいなことを言います。

世間的には「教師は授業力で勝負」みたいなところがあります。

こういうドラマ作品って、GTOとかごくせんとか金八とかもそうですけど生徒との熱い人間関係や体当たりでの教育みたいなところが主な部分だったりします。

でも実際は生徒指導ももちろん大事ですが、授業なんですよね。

 

桜木先生のいうように、ハートが大事なのも確かにあると思います。

授業だってハート(情熱)が大事なのでしょう。

授業も生徒指導も、情熱を持って取り組んでいきたいものです。

 

***

 

劇中の堂本剛くん、良い感じにおしゃれです。

スウェットシャツの下に蛍光Tシャツをチラ見せしてたり、オープニングでは緑のフレッドペリートラックトップにボトムスはエンジのジャージだったり。

色使いが非常に上手です。

大学生の時も真似てみたりしてましたが、またやってみたいと思います。

 

 

ガッコの先生 BOXセット (限定版) [DVD]

ガッコの先生 BOXセット (限定版) [DVD]