僕の前に道はない。

臨採教員生活(旧版)

なまけてたっていいじゃない。

給料について(臨時的任用教員で助教諭)

 

f:id:kjux3r7335:20180128212022j:plain

 

給料のことをぶっちゃけようとおもいます。

 

臨時的任用教員で助教諭という立ち位置の僕です。

募集要項によると大学卒でだいたい23万円/月になるようなのですが、33歳の僕は手取りで約28万円/月になりました。

 

あくまでも公務員なので年功序列的な部分もあるでしょうし、教員経験以外の一般企業での働いた経験も加味されていることと思います。

しかし、いや、だって、僕なんて6年前の臨時的任用教員の経験以外はもうアルバイトと派遣社員くらいの経験ですよ?!?!

それなのにこんなに頂いてしまっていいんですか!!!!

ていうか前職の契約社員(コールセンター)のときなんて時給1500円、月の手取りで21〜22万円程度(ボーナスなんて無い)だったのが大きな給料アップです!

 

臨時的任用教員でも続けていれば夏と冬にボーナスも入りますから!!

お金の力ってすげえええええです。

前職の「もうこんなクソつまんねぇ仕事やってられんわ」から臨時的任用教員になっての「慣れない環境でしんどい…」ってなって、そこからの「給料おおおおおおおお!!」という話です。

内発的動機づけから外発的動機づけに主体が転移するという、まさにアンダーマイニング現象!!

 

もちろんちゃんと勉強を頑張って(場合によっては小学校教員の免許取得なんかもして)、採用試験に受かって正教員となればより給料アップが見込まれるでしょう。

やるしかねぇ…。

 

 

お金だけじゃ無いですけどね、仕事を頑張る理由は。

けど、お金も頑張る理由の大きな要因の一つ。

貯金して結婚とかして子育てして、親孝行だって多少でもしてやりたいですからね。

「いつまでも あると思うな 親と金」なんて言うじゃないですか。

 

また、頂いている給与に見合うよう、精進していきたいと思います。

税金ですからね。

ほんと、しっかりやんないと怒られますよ。